フローリングの修理をするときの注意点

img1-1

最近の住宅は、畳よりもフローリングが中心になります。かつての日本の住宅は、3部屋あれば全て畳のことがありましたが、最近は3部屋あれば、そのうち2部屋がフローリングを利用していることが多くなっています。

最高のフローリングの補修情報は信頼性が高く、好評です。

このように、畳の部屋が減少した理由は、コスト削減にあります。同じ面積であればフローリングよりも畳のほうが安いからです。


そのため、ほとんどの部屋は板張りの部屋になっており、あっさりしている印象があるはずです。フローリングは、傷つきやすいのが特徴になります。
最初に表面を加工して、傷つきにくくすることができますが、それを行っている家庭はそれほど多くありません。



そのため、ちょっとした重たいものを床に落としただけで、5ミリぐらい凹んでしまうこともあります。
これを修理するためには、専用の道具が必要です。
専用の道具はホームセンターなどに売られており、誰でも気軽に購入することができ、修理することも可能です。

ただし、きれいに修理をすることができるかといえば現実的には難しいです。大抵の場合は、もともとの床の色と、修理した箇所の色が変わってしまうため、余計に目立ってしまうことも珍しくありません。


この場合には、専門の業者に修繕の依頼して傷つける前と同じようにきれいにしてもらう方が良いです。

業者は、できるだけ比較をするようにしましょう。



1つの業者だけでは金額が安いのか高いのかがわからないからです。

できれば3つの業者と比較すると良いです。

注目情報

img2-1

フローリングなどの修理時期は、主に大きなへこみや床が大きくえぐれた場合です。例えば角が大きい何かを落としたら、がっくりヘコむことがあります。...

more

身に付けよう

img3-1

フローリングは生活を続けているうちに多かれ少なかれ傷が付いてしまうものです。わざわざ業者に依頼すると手間も時間も費用もかかります。...

more

人に言いたい建築

img4-1

フローリングの床に重い物が落ちたり、テーブルや椅子を引きずったりすると、フローリングに傷ができます。また、小さな子どもがいる場合には、家の中で遊んで床が傷つくこともあります。...

more

驚く情報

img5-1

フローリングは何年もそこに住み続けるうちに大きな傷やへこみがついてしまうことがあります。畳のような弾力性があるわけではありませんので、少し重たい物を落とした場合や、タンスなどを移動するときに引きずってしまった場合は傷跡がはっきりと残ってしまうでしょう。...

more
top