フローリングの修理方法や費用

subpage-img

フローリングなどの修理時期は、主に大きなへこみや床が大きくえぐれた場合です。例えば角が大きい何かを落としたら、がっくりヘコむことがあります。



その大きさで修理の時期を判断したりします。
他にも拭いても取れないシミや汚れなどがあった場合も同様です。フローリングの修理費用の平均はそのフローリングのタイプによって変わります。木質系で部分的な場合、へこみ、傷、穴などは平均2万円から20万円ほどかかりますです。


変色してしまた場合はそれのプラス1万円ほど上乗せされる可能性があります。
基本的には小さい範囲を基準にして、それ以上なら料金はまた変わっていきます。

企業によってまちまちなので、自分で企業の修理料金などは調べることは必要です。部分的なフローリング修理なら企業等に頼まなくても素人でも直せる可能性があります。
えぐれ傷ぐらいなら、道具を使ってある程度自力で補修できます。

日曜大工レベルをちょこちょこやっている人や、多少のDIY経験者なら道具さえあれば十分補修できます。
簡単なやり方としては、まず最初にパテという道具を使って傷部分を埋めます。
そして、サンドペーパーという道具でパテ表面を磨いてならしていきます。
次に専用のペイントで色付けをして床と傷の境目の色を馴染ませていきます。最後に専用のスプレーを使って綺麗にして出来上がりです。



フローリングの傷はでかいと怪我の元になりかねないので、気になったら自分で直すか、企業に頼むかなどして確実な対処をするのがベストです。



top